FC2ブログ

向き不向きより、前向き_トータルサポート

姫路市の保険代理店主。将来と自分は、作れるものだと信じています!目標は、未来永劫の‥代理店にすることで~す(^^)/ 

保険ブログランキングへ、クリックお願いします。

本日の日本経済新聞に富国生命と共栄火災の提携の記事が載っていました。来年(2007年)末に銀行の窓口販売が全面解禁される事への両者の思惑が一致した結果とのことです。同じく来年には、郵政の民営化が控えており来年の今頃は、より保険を取り巻く環境は激化している事が予想されますよね。

また一方で、今年の六月の業務停止に続き、保険金の不払い問題が新聞各紙やマスコミでも取り上げられ保険会社の本来の使命を果たしていないという問題も取りざたされています。

私は思うのですが、来年に来る銀行の窓販や郵政の民営化でますます販売は競争をしていくと思うのですが、保険金をちゃんとお届けすることやお客様の満足度を高める競争をしようという姿勢が、保険会社の姿勢には感じにくいのは、私だけなのでしょうか?

「保険は、加入してもらったら終わり、入ってもらったら終わり」というセールスパーソンが来年には一挙に増えて、より保険業界に対する不信感を招く事態を引き起こしてしまいそうな気がしてなりません。

保険会社も代理店やセールスパーソンに支払う手数料を、販売時のみにシフトさせないで、長期的に、事故の処理や保険金をお支払いする時など、保険本来の役目を果たす時にも、支払うようにしてはいかがでしょうか?

そうすれば、真にお役に立てる、親身な代理店やセールスパーソンがもっと増えていくと思うのですが、いかがでしょうか??


いろんな代理店がいます。自分が、保険を預けたくなる代理店を、僕たちは目指していきます

スポンサーサイト















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://totaltamu.blog64.fc2.com/tb.php/219-17761c98