FC2ブログ

向き不向きより、前向き_トータルサポート

姫路市の保険代理店主。将来と自分は、作れるものだと信じています!目標は、未来永劫の‥代理店にすることで~す(^^)/ 

保険ブログランキングへ、クリックお願いします。

今日、生命保険のお話しさせて頂いたお客様との会話です。

そのお客様が仕事についてしばらくして、職場に来る保険の担当者から保険を無理矢理勧められ、仕方なく契約していました。でも『なんの為に保険に加入したのか分からなくなって‥』と保険を解約してしまっていました。その方に、生命保険の話しを聞いて頂いた訳です。

その方は、前妻にお子様がおられちゃんと養育費を支払っておられます。一昨年に再婚されて、赤ちゃんが誕生し幸せに過しておられます。

私は伺いました、「もし万が一の事が起きたら、前妻のお子様にも養育費は贈り続けてあげたいのですか?」

『前妻との約束は、私が元気に働いている間で、子供が18才になるまでという事なんですが、自分としては、今の子供も、前妻の子供も自分の子供ですから同じように贈ってあげたいと思っています。』

「なるほど、そうですよね‥」

『でも、今の家内はそこまでする必要がないと、反対します。』

「それも、そうですよね‥」

「現実問題として、前妻のお子さんに受け取ってもらおうとして、受取人をお子さんにしても、実務上は未成年なので親権者の前妻にゆだねる事になると思うんですよね。きちんと、子供に受け取ってもらえるかは、分からないですね」

結局、今のお子様と奥さまに贈ってあげたい金額で考えて頂いたんですが、これって本当にお客様の想いを聴けたんだろうか?と思う所があります。

皆さんだったら、どんな風にお話しされますか?こんな場合のお客様の想いを聴かせて頂いてご家族を守るために‥。もしよろしければ、ご意見が欲しいです

すべては、お客様のために‥。みんなで、頑張りましょう


スポンサーサイト















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://totaltamu.blog64.fc2.com/tb.php/212-3b01b3f6