FC2ブログ

向き不向きより、前向き_トータルサポート

姫路市の保険代理店主。将来と自分は、作れるものだと信じています!目標は、未来永劫の‥代理店にすることで~す(^^)/ 

人気ブログランキング【保険Ranking】に、エントリーしています。。

最近、保険会社の生保担当者と打ち合せをして感じること‥
生命保険販売の困難さとそれゆえの奥の深さです。
生命保険は、一般的な損害保険と全く異なるスタンスでとらえないといけないと思っています。何故かというと、損害保険(例えば自動車保険)は、比較的リスクが顕在化しています。多くの方は「自動車に乗る時には、保険に入いっとかないと不安だ」と思っておられます。つまり、お客様自身が不安な気持ちを自ら感じていらっしゃるのです。ですから私達が、損害保険販売で成功していくためには、お客様が保険に入ろうとする際に、いかに当社を選んでもらう仕組み(流れ)をより多く作っていくことが重要だと考えています。いろんなマーケットと当社との関係作りをいかに多く行うかと言うことです。現在、当社が取り組んでいることは、各種企業や官公庁の団体扱いの取扱い(指定)代理店になること、企業代理店と提携関係(代理店分担)を結び企業代理店の関連先や従業員の開拓を行っています。今年になって成果が出始めている取り組みは、地元の住宅販売会社との提携によって新築住宅の火災保険を拡販しています。
損保販売に関しては、マーケット対策に取り組むことと営業マン(商品説明や事故の際の)資質向上に取り組むことが私の考える課題です。

一方で、生命保険の販売は損害保険と異なり必要性を感じにくい(潜在化)商品であることを、まず認識する事から始まります。生命保険の中で、比較的不安を感じやすいものに、入院やガンの保障がありますが、それは自身が生きている間に起こることなので、自身が不安を感じるのです。
生命保険の本来の役割は、自分の死後に対する不安や家族への愛情を事前に準備するためのものです。
人は誰でも、明るい未来を想像しますし期待します。自分に起こりえる悲しい未来を想像したくないのが人間の本質ですよね。

私は前職から二十年以上にわたって、生命保険の販売に携わっています。自身を振り返ってみても、自身の気持ちの持ち方、モチベーションの高さで使命感が勝っている時と安易な気持ちに負ける時と交互にやってきます。必要性が顕在化している商品は、仕組みで販売が可能ですが潜在化している保険商品は、それを顕在化させるための“こころ”が必要なんですよね。その“こころ”を持ち続けることが、私達の使命であり、その為のトレーニングが不可欠だと感じます。

お客様が本当のニードに気付いて頂ける人間になれるように、ちゃんと考えて頂けるだけの人間になれるように努力し続けたいと思います。
安易じゃないから、努力の甲斐がある‥って思います。

昨日の夜は、風呂にも入らず寝入ってしまってました(^_^;)
ブログランキング、ただ今8位でした。 気持ち 新たに頑張ります。

  ↓ ↓
スポンサーサイト



初めまして、うるめと申します。

確かに損害保険は購入のタイミングは明確ですよね。
自動車を買ったら自動車保険、家を買ったら火災保険というように。

ただ、「一生のうちで、住宅に次いで高い買い物」といわれる生命保険こそ、そのようなタイミングがあるというのが私の自論です。

例えば、家・マンションを買うときお客様は将来収支について深く考えますが、そのときに「保険のムダを省くことで住宅購入に資金を回せるかもしれません」というアドバイスをよろこんでくれる方もいるのではないのかなと思ってます(素人意見ですみません)。

2006.08.23 03:17 URL | 保険アドバイザーナビ  うるめ #X.Av9vec [ 編集 ]

コメントありがとうございます うるめさん。。

そうですよね おっしゃるとおり、購入にはすべてタイミングが大切ですよね。

お客様に私達から、考えて頂くタイミングをご提供していくよう努力していきます。

2006.08.23 09:31 URL | トータルサポート たむ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://totaltamu.blog64.fc2.com/tb.php/140-db14f608