FC2ブログ

向き不向きより、前向き_トータルサポート

姫路市の保険代理店主。将来と自分は、作れるものだと信じています!目標は、未来永劫の‥代理店にすることで~す(^^)/ 

たまたま見つけた、ネット情報にハッとしたので書かせて頂いてます。

高校野球、奈良県代表・桜井高校の監督の言葉記事(をネット上コピー表現)ですが、私の今の課題と重なるので掲載させて頂きます<(_ _)>

☆奈良県代表・桜井高校の監督(記事の抜粋から…)
『勝つために』ではなく、今と先々の人生で自分の力で幸せになっていくためには、どういう心構えで野球に取り組めばいいのかと考えてきました。
野球だけをやっていても野球が上手くならないというのは、以前からも感じていたことでしたが、では、その中で何のために野球をやるのかと問い続けてきたときに、普段の生活でやってきたことを野球で確認する。
人間の力はすごいんだ、自分にはこんな力があるというのを野球で感じられたらと思っています。

「そのためには、自分に勝つことが大事だと思って取り組んできました。」

相手を倒すのではなく、心の矢印を自分に向ける。日常生活や学校生活を大事にして、礼を重んじ、人に対する気遣いの心を持つ。野球は、あくまで普段の生活を映し出す鏡としてとらえ、実践の場とした。

「うちのチームには相手を倒す力はありません。しかし、自分と戦う勇気は持っています。だから、今大会はそれに徹しろと言ってきました。それができたと思います」 
桜井はガッツポーズをしない。ただそれは、指揮官より「ガッツポーズをするな」「騒いではいけない」と強制されているわけでもなく、日常生活の積み重ねがそういう行動を起こさせているのだ。

普段の日常生活で「気配り・心配り」を貫いていることが、試合での行動すべてに映し出されている。


2013年の夏、夏の甲子園に出場した高校の監督さんの記事です。


私の組織にメンバーは、私自身を含めて、完成されていたり 決して完璧な人間ではないと思っています。

もちろん、自身も向上したいし、みんなにも向上して欲しい。そしてその結果、今の仕事上の事だけではなく 今後の人生の選択肢や幅が広がっていくと考えています。

今 出来ないからダメではなく、いつか出来る自分になろう! 今出来ないけれど 絶対出来るように努力しよう!と考える思える。私は 当社をそんな集団にしたいのです。

まさに 『相手を倒すのではなく、心の矢印を自分に向ける。日常生活や学校生活を大事にして、礼を重んじ、人に対する気遣いの心を持つ。仕事(営業)は、あくまで普段の生活を映し出す鏡としてとらえる』

愚直ですが 自分の人生を真面目に考えるような そんな人間になりたいです。

←クリックして下さい。
保険ブログランキング! いつも、ありがとうございます


スポンサーサイト















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://totaltamu.blog64.fc2.com/tb.php/1059-ddaa660a