向き不向きより、前向き_トータルサポート

姫路市の保険代理店主。将来と自分は、作れるものだと信じています!目標は、未来永劫の‥代理店にすることで~す(^^)/ 







今日の朝日新聞の兵庫県版
タイトルは、161チームの君たちへ(監督 最後のミーティングから)

全国高校野球選手権、負けると引退の中で どのチームも甲子園を目指し 1日でも今のチームの時間が長く保てるように精一杯の努力の跡…

甲子園に行く一校以外は、高校球児としての夏が終わります。
その 終わってしまった直後の放心状態の高校生に向けた 監督からのメッセージ。

必死で 努力した仲間だからこそ、心のこもった思いやりを感じます。

表現は異なっても、伝えたい根底にあるものは、感謝する事の大切さ、人生の先輩として贈るエールです。

いろいろ 思い出しますね。心が 熱くなります。
監督 お疲れ様でした。


スポンサーサイト

昨日は、息子の母校の応援に明石球場行ってました。

この組み合わせは、息子が高3 当時の兵庫県高校野球春季大会と同じで 結果は延長戦の末 敗れました。

早いものであれから七年が経ち、今度こそと見守りましたが、息子の母校の校歌を残念ながら聞くことは出来ませんでした。

応援に行って いつも感じることですが、試合を応援している私が 彼等から元気や勇気を貰ってるんです。

今の自分が 忘れている何か‥、人生で大切な何か‥ ふと考えさせてくれます。

監督や学校関係者、保護者の面々、お疲れ様でした。

なにより、スタンドで仲間を応援する背番号なしの野球部の面々には、心より頭が下がる思いです。

今日は数字のない背中は、人生という場面では光輝く事と信じます。
みんなに 幸多かれ…!


←クリックして下さい。
いつも、ありがとうございます





ここ最近、自身が成長しているのか? どうなのか、分らない‥。

ただ、後進の成長を感じることが多くあり 有難くて嬉しいなぁと過ごしています。

今日は、小職の尊敬している ある人生の先輩の誕生日なんです。

若かりし頃の小職は今にもまして、無礼極まりのない人間でしたので‥その方に「オーメンとおんなじ 誕生日ですよね!」などと ほざいておりました(映画オーメンが、分る年代? 何十年前やねん‥)し、その方の、物まねをしたりして 笑いを誘ってました。

その方は、私の大学生時代にお世話になったキャンプ場の所長さんで、人柄、考え方等 人として いろんな影響を勝手に受けたのだと思っています。
いまでも、その当時のいろんな場面をいっぱい思い出せます。当時は自分なりに 一生懸命に努力した自負はありますが、それ故 行き過ぎた言動や行動で 今では反省したり恥ずかしく思うことも多くあります。でも、ほんとうに楽しい時間を過ごさせて頂きました。

尊敬していると言いながら、普段はなんの連絡もせず、でも 声が聞きたいので 誕生日には少しの勇気をふり絞って 電話してしまいます。

その声は、当時とおなじ声、語り口調でした。それだけで、自分の心は 当時にタイムスリップして 温かくなります。
聴くと 足腰が弱って、杖が入用と‥。当時のご様子からは 到底想像できないことですが、でも電話を通して聞こえる 笑い声 私たちを気遣ってくれる言葉は なにも変わっていません。

電話していて ふと気づいたのですが‥ 私は この方の様になりたいと思って、今まで生きてきてるのかな‥と、感じました。

その方とは、全く 人格や能力など及ばないですが‥年齢だけは、追い駆けています。
ずっと 追い駆けていきたい存在です。

僕は、この方みたいな人間になることが目標なんだと思う‥

今年で 71歳を迎えられたその方のステージに、15年後の僕は 少しは近づけてるかな‥

少しでも 近づけると嬉しいです。そんな僕を きっと、笑ってくれると‥思うなぁ

←クリックして下さい。
いつも、ありがとうございます









私達は、創業以来 毎年 毎年 紆余曲折の中、おんなじ様に前向きに 頑張っているつもりです。

でも、その年度の環境っていうのか 巡り合わせって言うのでしょうか‥色々あります。

代理店としてお客さまの為に頑張る限り 当然の目標にしている 年間表彰基準に、苦もなく 入賞出来る年度が あるかと思えば‥
苦しんで苦しんで 結果を見るまで入賞出来ないんじゃないかと もがく年度もいっぱいあります。

そんな中 昨年度は お陰様で、当社の通常ペースで業務遂行を行なった結果 入賞させて頂けました。

いつも 思う事ですが、同じ仕事をしている代理店は 本当に沢山ありますが、その代理店毎に 考え方や 取り組む姿勢は 代理店毎に異なっている様に感じます。

私達の考える事です。

全国表彰基準に、入賞する為に仕事をしている訳では 決して無いのですが、単に目先の話ではなく 今後 将来に亘ってお客さまのお役に立ち続けようと考えると 毎年 入賞基準をクリアし続け 保険会社から私達の仕事に対する想いや、私達を頼りにして下さる お客さまの存在を認めて貰う事が、本当にお客さまを守る事に繋がると信じています。

こんなことを考えたり、信じ続けたり‥色んな仲間と話し合ったりして 此処まで頑張ってこれました。
本当に ありがたい事です。

ふと 思い出しました。以前聞いた 事です。
『当たり前の反対語!』を知ってますか?

ありがとう→ありがたいこと→有り難い→有り難い と思って感謝出来る心を持つ事ですって。

本当に ありがとうございます。


←クリックして下さい。
いつも、ありがとうございます










母親が お世話になってる ケアハウスに行った時に 受付に置いてありました。

そこの 施設は、アットホームな感じで‥なにより気持ちよかったのが 私が 休日に行ったにも関わらず、「入居している 田村の長男なんですが‥」と、訪問すると

『アッ、田村◯◯さんですね〜(フルネーム)』と、当直の方は 対応して頂けました。

全てのことが 分かる訳もないですが、でも このやりとりだけで、僕は信頼出来るような気がしました。

ちなみに、このケアハウスには 田村◯◯さんが 何人か おられたので 必然性のある 事だったのかも 分かりませんが‥

初めて伺った僕には、とっても 有り難い 心の和むやりとりでしたよ。

いろんなこと 僕たちも、学べますねー


←クリックして下さい。
いつも、ありがとうございます








当社が このビルの三階に入居したのが、確か 2002年6月。

2007年10月に、一階が空いたので 今の場所でもうすぐ、10年業務をしている事になります。

立地としては、ショッピングセンターの近隣という事もあり 過去にも、近隣に同業のショップが営業されていた頃もありました。

そして現在、先週4月13日から なんと当社のお向かいに 大手 来店型ショップがオープンしました。

僕のデスクからも、立派な看板が見えますが‥仕事としてやる事は変わらないですね。

私達の お客様に、安心をお届けするために 努力すること。

前向きに 仲間と頑張ることですね ‥^_^

←クリックして下さい。
いつも、ありがとうございます









出来れば 月に一回のペースで、続けていきたいと思っている 献血。
1回目は、予備校生の時なんで もうかれこれ35、6年も経ってるんですね

今回も 無事に出来ました^_^

健康に産んでもらった事に 感謝!

誰かのお役に 立ててると信じてます‥
できる限り 続けて いきたいですね

←クリックして下さい。
いつも、ありがとうございます

nakajima_tulip.jpg

このプランターのチューリップは、お隣から頂いたものです。
お隣とは、私達がこちらに引越しした時から ずっとお隣としてお世話になってきてるので‥かれこれ 三十年になりますね。
子供達の成長も 本当に近くで見守って頂いていました。

でも 昨年、お隣のご主人が急に亡くなってしまいました。
そのご主人は、面倒見のいい良い、器用で家事もこなす 、おまけに優しい!この隣保に欠かせない 人物でした‥

昨年まで そのご主人が、育ててこられた チューリップを、「主人が 今まで 育てて来たもんやから、貰って!」と頂いたものです。

そのチューリップが 咲きました。

春なんですね‥ありがとうございます。

←クリックして下さい。
いつも、ありがとうございます


新入学、進級や新入○○の季節になりましたね。

桜も咲き始め、冬から春に季節が変わり、同時に四季を感じさせてくれてくれることの有難さや、芽吹くことの勢いを感じさせてくれる今日この頃です。

平成28年度 年度末も、超多忙な中でしたがなんとか無事に終えることが出来ました。
これも、ひとえに当社のことを頼りにして頂いてご契約頂いているお客様、保険会社の担当者の面々、一緒に働いてくれている当社のメンバーのお陰だと感謝しています。

その中で、四月から1名スタッフが加わってくれることになりました。現在は、ですが すごく頑張って吸収しようとしてくれる姿勢を感じ 当社としてもこの季節に合わせて成長できる予感を感じさせてくれます。

その指導役を担ってくれているTさんの一言に感謝と感激をしましたので、ご紹介しますね。
「人に教えることで、あらためて私が 勉教させてもらえますよね‥」って
その気付きや姿勢が、成長につながって 会社を助けてくれてるんだなぁ!って 感じました。

そんなみんなと頑張れて 有り難く新年度を迎えられます。頑張りますね。

←クリックして下さい。
いつも、ありがとうございます


年始の挨拶に伺った先で 聞いた話です。
私どもが ご縁を頂いているお客様の実話です。

年末の気忙しい中 そのお客様が会社の営業車を運転中、自身では今までに経験した事の無い 異常な手足の痺れを感じられたそうです。

そのお客様は、自身の身に起きた不安と危険を感じて 営業車を停車。その場から、ご自身で携帯電話で救急に電話をされ 救助要請をされたとの事です。

他人事で聞いてしまえば、ホント 良かったよね‥と済んでしまう話ですが、私の先輩の経験実例にもある通り なかなか素早い判断と行動に移す事が 難しいと思います。

誰にも 思う事ですが、自分は救急車を呼ぶほどの大事な事だろうか?
迷惑を かけてしまうのじゃ 無いだろうか? と、気遣ってしまう内に 刻々と時が過ぎ、症状が進行してしまうものです。
後に 大きな障害が残ったり 悪ければ命を落とすかもしれない事態で 自分の体調の判断は 専門の ブロに 委ねるべきです。

でも 少し 勇気がいりますよね。

私を含めて その少しの勇気を持って頂きたくて、書いてます。

自分の為だけではなく 家族や大切な身近な人の為に この勇気 持って欲しいです。

寒い日が続きます。ご自愛くださいね。